• 屋根雨漏りの修理で使用するコーキング剤

    屋根雨漏りの修理でコーキング剤を使用するときは、必ず防水性の高いコーキング剤を選びましょう。

    ホームセンターでは低価格で購入できますが、防水性の弱いタイプのコーキング剤もありますし、急いでいると見分けが困難の場合もあります。

    屋根雨漏りしている屋根塗装の塗膜表面が傷んでいたり、亀裂が発生している場合に、コーキング剤を塗布しておくと雨水が入らなくなります。応急処置として効果的ですが、正式な修理としても通用します。正式な修理として通用させたい場合は、防水性だけでなく、着色性にも注目しましょう。着色性は、塗装可能を意味しています。屋根雨漏りを修理して、コーキング剤を塗布したら、乾燥した塗膜の表面に塗料を塗装します。
    コーキング剤が、塗料を弾いてしまうタイプでは、保護効果が弱まります。
    上から塗装できるタイプのコーキング剤を選びましょう。

    goo ニュースならお任せください。

    コーキング剤を選ぶときのポイントは、最低限でも防水性が備わっている点であり、次に屋外用で塗装可能な点です。

    雨漏り修理が一般的になってきました。

    屋外用で塗装可能と表記されているのを確認すれば、安心です。



    素人判断で応急処置で屋根雨漏りを修理した場合でも、防水性が高くて屋外用で塗装可能なコーキング剤を使用していれば、工務店の人が改善しやすいのもメリットです。

    コーキング剤を除去するか、そのまま活用するのか、判断の基準も塗装可能かどうかです。

    屋根雨漏りは、原因となっている箇所を特定して、最終的には塗装まで仕上げるのが大切です。
    コーキング剤を選ぶときは、すぐに塗装をしなくても、将来的に塗装することも考慮しておきましょう。