• 屋根雨漏りでダメージを受けた箇所の修理ポイント

    屋根雨漏りでダメージを受けた場合は、水に強い材質か、水に濡れると劣化してしまう材質かが重要になります。



    壁材の一部に石こうボードを使用している場合は、たった一度の雨漏りでも劣化してしまいます。
    石こうボードは、濡れないのを前提にしているからです。


    本来であれば雨に濡れる心配のない内装もしくは内壁材で使用します。

    MBSニュースの知識が一目瞭然です。

    屋根雨漏りは梁と柱を伝って、二階から一回へと水が流れ落ちる場合もあります。


    水が流れ落ちる途中に石こうボードの施工箇所があると、石こうボードが濡れて劣化してしまいます。



    雨漏りの原因となる亀裂や孔を、屋根で修理するだけではなく、雨漏りした雨水の流れを正確に把握して、流れ落ちる途中に石こうボードが施工されているのなら、新規交換してもらいましょう。
    石こうボードが濡れてしまうと乾燥しにくく、表面に貼り付けてある壁紙が、ごわごわと波打つようになり、はがれて、めくれて、落ちてきます。

    壁紙を貼り直して修理するだけでは、次の雨漏りで同じようにはがれてしまいます。石こうボードを新規交換しなければ、新しい糊で壁紙を貼り付け直しても、めくれて落ちるようになります。


    屋根雨漏りの解決は、原因箇所の修理と同時に、雨水でダメージを受けた箇所の新規交換も重要ポイントです。
    石こうボードは決して高額ではないので、ホームセンターで購入してきてから工務店に依頼して交換してもらう方法でも良いでしょう。その場合は、施主支給に該当する修理工事になります。石こうボードを除去して、耐水性の高い木材に交換するのも良い方法です。