• 屋根雨漏りを修理するときに塗膜の取り扱い方

    • 屋根雨漏りの原因箇所が判明したら、修理のときに塗膜の取り扱い方をどうするのか確認してみましょう。



      塗膜にもガード効果があるので、雨漏り原因箇所の亀裂を塞いだとしても、塗膜が劣化してしまったり、剥がれてしまったままにしておくと、雨漏りが再発しやすくなるからです。屋根雨漏りが一度でも発生すると、何度も発生しやすくなる場合があります。

      雨漏りが繰り返し発生するのは、雨漏り原因箇所の修理が不完全だからとは限りません。塗膜の効果が弱まってしまい、新しく雨漏り発生原因が生じてしまうからです。屋根雨漏りは、現在の原因を解決して、同時に再発防止にまで配慮してもらうと良いでしょう。
      屋根の作業は、なかなか客観的に観察できませんので、説明してもらうと良いでしょう。



      説明は、実際の施工直前や作業中でも構いませんが、できることなら見積もり段階で確認すると安心です。

      産経ニュースについて分かりやすくまとめてあります。

      塗膜の取り扱い方を質問したときに、スムーズに回答してもらえれば心強いです。必ずしも修理のときに再塗装を施工する必要はないので、重要なのは塗膜の劣化状況を教えてもらえるかです。


      塗膜の劣化状況を教えてもらえば、屋根雨漏りの修理後に、別のスケジュールで屋根塗装や外壁塗装の工事を検討できます。適切なタイミングで屋根塗装と外壁塗装を施工すれば、屋根雨漏りの再発予防に大きな効果になります。


      修理のタイミングで、部分的に塗膜がダメージを受けてしまう場合もありますので、塗膜の取り扱い方を教えてもらい、次に再塗装すべきタイミングを検討すると良いでしょう。


  • 情報分析

    • 屋根雨漏りの修理で使用するコーキング剤

      屋根雨漏りの修理でコーキング剤を使用するときは、必ず防水性の高いコーキング剤を選びましょう。ホームセンターでは低価格で購入できますが、防水性の弱いタイプのコーキング剤もありますし、急いでいると見分けが困難の場合もあります。...

  • 身に付けよう

    • 原因を特定できない屋根雨漏りの修理なら

      屋根を確認してもらい、雨漏りの原因となるような亀裂や穴が見つからなかった場合は、雨どいにも注目しましょう。雨どいが古くなって、枯葉が詰まるようになると、排水がスムーズに行なわれずに、あふれ出した水が外壁や軒先から建物の内部に入る場合があるからです。...

  • 人に言いたい生活・知りたい情報